コラム, 脱毛の基礎知識

脱毛の基礎知識 #5:脱毛前後のセルフケア

肌へのダメージを最小限に抑え、高い脱毛効果を得るためには「脱毛前後のセルフケア」も重要と言われています。では、どんなことに気をつければ良いのでしょうか?大手クリニック・エステサロンの公式サイトを参考に調べてみました。

脱毛前のセルフケア

「セルフケア」というと脱毛後のことばかり考えがちですが、実は脱毛前にも気をつけるべきポイントがあります。

【〜脱毛開始】

●脱毛をする部分は日焼けしないようにする
日焼けをするとメラニン色素が増えるため、レーザーや光が肌にも反応して「痛みが増す」「火傷」などのリスクが高くなります。パワーを落として照射せざるを得ず、脱毛効果も低くなってしまいます。

【2週間前〜完了まで】

●自己処理をする場合は、カミソリ・電気シェーバーで(毛抜き・ワックスは使わない)
毛抜き・ワックスで毛根ごと抜いてしまうとレーザーや光が反応しない場合があるため、毛根を残すカミソリ・電気シェーバーを使いましょう。

【前日】

●カミソリ・電気シェーバーで、脱毛する部分の自己処理をしておく
「剃刀は肌に傷がつくため避けた方が良い」というクリニックや「発毛状態を確認するために初回は自己処理しなくてOK」というサロンも。

その他、「施術の前後2週間は予防接種を避ける」「事前に保湿を心がけておくことで施術による肌ダメージが避けられる」といった表記もありました。クリニックやサロンごとに方針が異なるようなので、事前にしっかり確認した方が良さそうですね。

脱毛後のセルフケア

脱毛した肌はかなり敏感な状態。人によって異なりますが、最低でも1週間は刺激や負担を与えないように気をつけましょう。特に当日は、赤みやかゆみなどの肌トラブルの原因につながりやすい「体温の上昇」に注意が必要です。

【当日】

●ぬるめのシャワーで済ませる
入浴・温泉・サウナ・岩盤浴は控えましょう。脱毛した部分を洗うときはタオルなどを使わず手で優しく。

●マッサージ、エステ、スポーツ、アルコールの摂取は控える
汗をかくのも体温の上昇につながるので気をつけましょう。汗をかいてしまった場合は、こすらず優しく押さえるように拭き取るのがポイント。

●化粧は薄めにする(顔を脱毛した場合)
なるべく肌に負担をかけないように、化粧は薄めを心がけましょう。

【当日〜1週間】

●徹底した日焼け対策を
敏感な状態の肌は紫外線の影響を受けやすいため、十分なUV対策が必要です。

●脱毛した部分をしっかり保湿する
脱毛後は一時的に肌の水分量が少なくなります。乾燥が引き起こす肌トラブルを避けるために、しっかり保湿しましょう。

●脱毛した部分を清潔に保つ
敏感な状態の肌に雑菌が入ると、ニキビのようなブツブツができる「毛嚢炎(もうのうえん)」という皮膚感染症になってしまう場合があります。雑菌が入らないように清潔に保ちましょう。

その他にも、クリニックは「肌トラブルが出たら必ず相談を」エステは「火照りが続く場合は、冷水や保冷剤などで冷やす」という表記がありました。

「脱毛後に日焼け対策を怠ったらシミができてしまった」という話を友人から聞いたことがあります。せっかく脱毛するのだから、前後もしっかりセルフケアして高い効果を得たいですね!

参考:ドクター松井クリニック、KMクリニック、新宿クレアクリニック、リゼクリニック、ミュゼプラチナム、エピレ 公式HP